Adobe初心者の館

Illustrator,Photoshop,Flash,Dreamweaverの初心者のための解説サイト


有るものを消す

▲ページトップ

修正ブラシ

  • 画像内の不要な部分をごく自然な感じに消去していきます。ここでは写真の外灯を消去してみましょう。
  • スポット修正ブラシツール(スポット修正ブラシツール)を選択し、外灯の部分を図のようにドラッグしていきます。
    ブラシサイズ(○)が大きすぎたり小さすぎる場合は、画面の左上にある「ブラシピッカー」(●の下に数字が表示されている部分)をクリックし、「直径」の大きさを変えてみてください。
  • すると自然な感じで外灯を消すことができます。とても簡単ですね。

HOMEページへ

無いものを足す

▲ページトップ

スタンプ

  • 画像内の一部分を同一画像内の別の場所に自然な感じで足していきます。ここでは写真の花を別の場所に複製してみましょう。
  • コピースタンプツール(コピースタンプツール)を選択し、コピー元となる花の部分をAltキーを押しながらクリックします。
  • 次に、複製先の部分をドラッグしていきます。するとコピー元のピクセル部分と同じ軌道をたどりながら花が複製されていきます。
    ブラシサイズ(○)が大きすぎたり小さすぎる場合は、画面の左上にある「ブラシピッカー」(●の下に数字が表示されている部分)をクリックし、「直径」の大きさを変えてみてください。
  • 一つの花が完全に複製されれば完成です。コピースタンプツールに慣れればもっと複雑な合成ができるようになります。

HOMEページへ

複雑な修正

▲ページトップ

コンテンツに応じる

  • 単純な背景の合成なら、スポット修正ブラシツール(スポット修正ブラシツール)やコピースタンプツール(コピースタンプツール)で事は足りますが、複雑な背景のものはなかなかそうもいきません。例えば例のように「波打ち際にいる人を消す」となると、なかなかテクニックが必要になります。
    しかし、Photoshop CS5からはこういう作業が簡単に行える機能が付きました。ここでは実際にそれをやっていきましょう。
  • まず、対象となる部分(ここでは人)の選択範囲を作成します。ツールは何でもいいですが、この場合はなげなわツール(なげなわツール)がよいでしょう。なげなわツールで人の周りをぐるっと囲むようにドラッグするとその形の選択範囲が作成できます。
  • 「編集」メニューから「塗りつぶし」を選択します。するとダイアログが現れるので、その中の「使用」欄を「コンテンツに応じる」にし、「OK」をクリックします。
  • すると選択範囲の中が、周りのピクセルに合わせていい感じに変化(人が消去)します。このCS5から加わった「コンテンツに応じる」を使うと、割と簡単に複雑な合成ができるようになります。

HOMEページへ